2020年01月22日

村はずれの古い造船所(2−3)


 2.小型トロール漁船

当初の予定では、船舶は、先の帆走形式のカッター漁船一隻だけの予定であったが、組み始めてからもう一隻あった方が絵になるなと思い、急遽、作ることにした。当然、新たなモデルを探すことになる。
大きなものを作る時間はないので、小型の可愛らしいものを…、ということで画像検索した結果、下の画像に目が留まった(画像@参照)。Flickr にアップされていたダヴィッド・メレット( "David Merrett" )氏撮影の漁船である。

味わい深く草臥れた佇まいの小型トロール漁船だ。捨てられたのだろうか? その後ろ姿は、砂浜にぽつねんと物悲しい。心惹かれるものがあったので、モデルはこれだと決めた。
船舶番号 " IH311 " 、船の名は『シルヴァー・ハーヴェスト( ”Silver Harvest” )』号というらしい。
他に参考資料となるカットはないものか、と氏のアルバム内部を探したが見つからない。彼が付けたタグから画像を探すと、彼以外の撮影者の画像がいろいろ出てきて全体像が把握できたのでひとまずよしとする。

〈画像@〉
Fishing Boat Silver Harvest

念のため、キャプションからイギリス・サフォーク州オールドバラで撮影されたものと判明したので同地の画像を探してみたが、程なくいくつもこの船の画像が見つかった。
最初は砂浜に放置された船の廃墟と思っていたのだが、そうではないようだ。
イギリスでは、しばしば漁船を砂浜に直接乗り付ける。遠浅の砂浜は潮が引くと地面が露出し、当然船が至るところに直に転がることになる。その様はまるで、子供がお風呂のオモチャを洗い場に散らかしたかのようだ。先の写真もそのような時間に撮影したのだろう。そうした場所は、ヘイスティングスやコーンウォール、ドーヴァー、ウェールズなど至るところにあり、このオールドバラの海岸も一部そのような場所であるらしい。

この『シルヴァー・ハーヴェスト』号は、農業から漁業まで幅広く手がけるシンパー家が所有している現役の漁船である。近海で、エビや貝、ロブスターやカレイ、ヒラメなどを獲って卸しているという。

〈画像A/『シルヴァー・ハーヴェスト』号さんの Twitter より〉


この船をモデルに製作したのが、以下の作品である。

     ★ ★ ★ ★ ★

もっとも、完全再現というよりは、要素を拝借、デフォルメしたオリジナルである。パーツの形状の制約から、実物に比べ幾分寸詰まった感じではあるが、いい仕上がりになったと思う。

船のボディは、十数年前にリリースされた『ジャック・ストーン』海賊シリーズの手こぎボートである。大味なパーツで使いどころが無く、長らく引き出しの奥で眠っていたが、今回ようやく出番となった。ボディの妙に安っぽい感じがまたいい。

38

39

40

41

船底にも手を加えている。
この手の一体成形のボートは青いプレートの上に置けば着水しているように見えるのでそれで構わないのだが、陸に引き揚げた設定で使うと底が真っ平らで喫水線もないため今一つリアルさに欠ける。そこで、赤をベースに船底付着物のウェザリングを施し、嵩上げした。船底が出来たことで少しはリアルになったのではないかと思う。

42

43

44

45

屋根の上には、警笛の他、GPS、Xバンド、VHF、漁業無線などアンテナ各種。
個人的には黒い三つ足のXバンド・レーダーの出来に満足している。

46

47

キャビン内部。
前回の漁船に比べ内部が非常に狭いため簡素である。魚群探知機のディスプレイや無線機器などを配置して、出来る範囲で盛りたかったが、完成がコンテスト締め切り間際だったため泣く泣く割愛した。メーターと舵輪のみ配置。舵輪は、スピチャン・シリーズのホイルキャップのうち、スポークが5本のものを使用した。

48

現代の漁船でも、スパンカー( "spanker" )と呼ばれる帆を船尾に装備しているものがある。船を風に対して立てるためのもので、特に日本では沖合での〈流し釣り〉でお馴染みのものらしい。ヤマハ曰く〈流し釣り〉とは、〈沖の根など水深50mから100mのポイントで、ボートの船位を維持し効果的に流していきながら根魚などをターゲットとする、最も一般的な船釣り方法です。日本の食卓に上がるタイやヒラメなど多種多様な魚が狙えます〉とのこと(引用元→ヤマハ発動機・マリン製品ホーム )。

しかし、現代ヨーロッパでは殆ど廃れているようで、"fishing boat, spanker" で検索してもひっかかるものは殆ど無かった。ちなみに、『シルヴァー・ハーヴェスト』号も、2019年のシーズン前(3月頃?)に撤去してまったようである。
今回は、改修前の画像を参考に門形クレーンとスパンカーを設け、索具を張った。

49

50

     ★ ★ ★ ★ ★

以上、今回はここまで。
(次回に続く)
posted by KM at 08:00| Comment(0) | 制作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。