2018年11月13日

レゴ世界遺産展探訪14−1

★ アジア編5−1 ★

21.
『ルアン・パバーンの町』より
ホー・プラ・バーン
作:Gavin Foo


〈画像@〉
Phou si Luang Prabang Laos プーシーの丘 ラオス・ルアンプラバーン DSCF6777
(画像引用元=Wikipedia日本語版『ルアン・パバーン郡』より)
※ 画像クリックで引用元に遷移。

『ルアン・パバーンの町』は、
ラオス人民民主共和国北部、
首都ヴィエンチャンからメコン川を遡ること約400キロ、
カーン川との合流地点に栄えた古都である。
町の詳細は不詳であるが、判っていることをまとめると、
どうやら町自体は、7世紀には存在していたようである。
7世紀末、同地はムアン・スワー(タイ語で『スワー侯の町』の意)と呼ばれ、
11世紀頃には、シェンドーン・シェントーン(以下、シェントーン)に改められたという。

同地がルアン・パバーンと呼ばれるようになったのは、16世紀のこと。
シェントーンは、14世紀、ラーンサーン王朝初代国王ファー・グム以来の首都であったが、
タウングー朝ビルマの侵攻を憂慮した第18代国王セーターティラートによりヴィエンチャンへ遷都することとなり、旧都となった。同時に、シェントーンの名を現在のルアン・パバーンに改めた。1560年のことである。

『ルアン・パバーン』とは、
直訳するとラオ語(ラオスの公用語)で『パバーン仏の町』となる。
パバーン仏とは、初代国王ファー・グムが即位した際、
クメール王朝より賜った仏像のことである。
1世紀頃スリランカで作られたとされる黄金の仏像で、ラオスの国宝だ。
現在も多くの人々の信仰を集めている。

〈画像A〉パバーン仏
Phra Bang
(画像引用元=Wikipedia英語版より”Phra Bang”)
※ 画像クリックで引用元に遷移。

     ★ ★ ★ ★ ★

ところで、今回の作品『ホー・プラ・バーン』とは、
このパバーン仏が安置されている宗教施設の名である。

〈画像B〉
Buddhist temple at Royal Palace in Luang Prabang
(画像引用元=Wikimedia commnsより、"Buddhist temple at Royal Palace in Luang Prabang")
※ 画像クリックで引用元に遷移。

ホー・プラ・バーン(”Haw Pra bang”)とは、タイ語をローマ字に音写したもので、
ホーは『塔』、プラ・バーンは『パバーン』を意味する。

…と、ここまで書いてきて、『パバーン』に関する表記揺れがとても気になる。
何故、ラオ語という公用語があるにもかかわらず、
タイ語、もしくはタイ語と混淆した表記となるのか?
ラオ語とタイ語は近縁関係にあるが、当然、別の言語である。

気になって調べてみたのだが、
ラオ語とタイ語の関係を探るとなかなか根深いものがある。
簡潔に言えば、
一つに、長らくラオスがタイによって属国化されてきたことにより
タイ語の影響が強まったこと。
二つに、二国間の農業経済の格差でタイがラオスを見下し、
ラオ語話者を馬鹿にしてきたことなどが原因と考えられている。

感覚としては、
方言丸出しは東京では恥ずかしいので標準語を喋るというようなものだろうか?
方言と標準語が混在した日本語を話す人が地方にも増えているが、
それに近いことがラオスの国語で起きているようである。
民族のアイデンティティを考慮するならば、
そこはラオスに敬意を込めて、
ラオ語のホー・パバーン("Haw Pha bang")とすべきだろう。
ここでは以降、『パバーン』で統一する。

     ★ ★ ★ ★ ★

見た目は如何にも東南アジアの寺である。
由緒も格式もありそうな豪壮金ぴかの佇まいである。
さぞかし時代も古いのだろう…、と思いきや、
この建物は擬古典風の現代建築である。
このホー・パバーンは、
ルアン・パバーン王宮博物館の敷地内に建てられた新しい宗教施設だ。
工事着工はラオス内戦(1953〜75年)真っ只中の1963年だが、
程なく内戦に巻き込まれ長らく工事を中断。
再開したのは30年後の1993年であり、さらに竣工は2006年のことである。

しばしば、この建物をワット・ホー・パバーン(”Wat Haw Pha bang”)と表記しているのが見られるが、ワット(”Wat”はタイ語で『寺院』の意)というよりは、飽くまでパバーン仏専用の御堂という感じだ。実際、表記は『ワット』なしで書かれることが多いようである。
この王宮博物館の隣には、18世紀末創建のワット・マイ・スワナプームアハーム(通称ワット・マイ)という王立の仏教寺院があり、かつてはここにパバーン仏が安置されていた。4月のパバーン仏の灌仏会(かんぶつえ)もそこで行われる。感覚としては、博物館内にあるワット・マイの付属施設といったところだろうか? 

     ★ ★ ★ ★ ★

そうしたことを踏まえて、ようやく本題。

〈写真@〉
ルアン・パバーン1.jpg

…と行きたいところだが、今回はここまで。

くどくどと説明が長すぎる。
何故、作者でもない私が、ここまで説明をしなければならないのか?
答えは簡単である。
作品に、個別具体的な説明が全くないからだ!
簡潔詳細な作品の手引きがあるならそれを引用すれば事足りるのだが、
そうしたものが全くない!
いや、説明が全くないわけではない。
一応、写真のような解説の書かれた円いプレートが掲示されているのだが、そこに書いてあることは、その世界遺産全体の概略だけである(写真A参照)。

〈写真A〉雑な写真でごめんなさいw
ルアン・パバーン21.jpg

作品名『ホー・プラ・バーン』とだけあり、小さく写真を載せてはあるが、結局それは一体どういうものなのか、何処にも何も書いていない。その辺りが大変不親切である。
もうちょっとどうにかしろよ、とは思う。

多分、このシリーズが完結したら、公式が出しているガイドより詳しい解説書(しかも多少の毒を含んだ)になるような気がするが、
本当にそれでいいのか?…

註※
写真@Aは筆者が撮影した。


posted by KM at 08:00| Comment(0) | 作例研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。