2018年05月09日

レゴ世界遺産展探訪10−4

★ アジア編1−4 ★

前回の続き

★ ★ ★ ★ ★

世界遺産展作家に学ぶ
植栽の作り方
(3)

今回は植え込みの作り方について。
ところで、この〈シンガポール植物園〉の植え込みには、
以下の3通りの手法で作られたものが用いられている(写真@※1)。

内訳は左から、
・葉っぱパーツを編んで作ったもの(植栽A)、
・四弁の花パーツで作ったもの(植栽B)、
・1x2プレートで作ったもの(植栽C)の三通り。
()内の名称は、それぞれ便宜上の呼び名である。以後この名で呼ぶ。

〈写真@〉
植栽ABC.jpg
 以上は筆者が手持ちのパーツでこさえたため、
   作品に用いられているものとは色が異なる。

植え込みは、”Bandstand”を中心に
4重の同心円を描くように配置されている。

〈写真A〉
シンガポール1.jpg

植え込みのパターンは、
一番外側は、笹パーツの単純位置によるもの。
続いて外から内に向かって、植栽A、B、Cの順である。

〈写真B〉”Bandstand”向かって左側。
シンガポール3.jpg

〈写真C〉”Bandstand”向かって右側。
シンガポール4.jpg

〈写真D〉植え込みを拡大。
シンガポール5.jpg

では、それぞれ順番にその作り方を見ていこう。

★ ★ ★ ★ ★

〜 植栽Aの作り方 〜

・想像される材料(※2
1x1両側ポッチブロック…1つ(色は任意。但し目立たない色)
1x1ラウンドプレート……1つ(色は任意。但し目立たない色)
葉っぱパーツ(小)…………4枚(色は任意)
 視認した範囲で確認出来るパーツから作り方を解析したため
   見えない部分では材料や個数など多少違っている可能性がある。

〈写真E〉
植栽A1.jpg

この植栽は葉っぱパーツ同士を編み込むことで成る(写真F参照)。
基本的な考え方は以下のとおりである。
黄緑の葉の青丸部分を緑の葉の股に押し込む。
素材自体は柔らかいので、コツさえ掴めばすぐ出来る。

〈写真F〉
植栽A2.jpg

すると、以下のようになる。

〈写真G〉
植栽A3.jpg

これを応用して、四つの葉っぱパーツを互い違いに編み込んで繋げる。
繋げたものが以下の写真Hである。

〈写真H〉
植栽A4.jpg

次に、地面に固定する部分、
所謂、根と幹になる部分だが、
この部分は現場で視認出来なかったので想像である。
おそらく、
1x1両側ポッチブロックに、
1x1ラウンドプレートを貼り付けたものが使われた筈である。
ラウンドプレートの効果は後述する。

〈写真I〉
植栽A5.jpg

これを連ねた葉っぱパーツの一番左の葉に取り付け、
一番右の葉で挟むように取り付ける(写真J、K参照)。

〈写真J〉
植栽A6.jpg

〈写真K〉
植栽A7.jpg

出来上がったものが、以下である。

〈写真L〉斜め上から。
植栽A.jpg

〈写真M〉斜め横から。
植栽A8.jpg

1x1ラウンドプレートを一つ挟んだのは、
植栽の膨らみ具合の調整のためである。
試しに二つ挟んでみたが膨らみすぎて見た目が悪かったので、
やはり、一つが適当だろう。

〈写真N〉真横から。
植栽A9.jpg

     ★ ★ ★ ★ ★

やってみて判ったこととして、

一つ、
これ一つ作っただけではあまり様にならないということ。
写真BCDのように、
いくつか横に連ねた方が、より植え込みらしい雰囲気となるだろう。

二つ、
写真Mのようにこれだけをポツンと置いてしまうと、
足下が寂しい。なにより形状が不自然である。
この作品の場合、外周を笹パーツで埋めたのは、
一つに植え込みの下草の自然な感じを出すため、
そしてもう一つ、この足下の不自然さを隠すのが目的だろう(写真BC参照)。
実際に個人作品に応用するなら、
例えば高さ1ブロック分程度で花壇の縁を作るなどの工作が必要と思われる。

三つ、
編み込んだ葉をトンネル状に丸めて止めただけなので、
写真Nのように片側が大きく開いてしまい、
これが見えてしまうととても興ざめである。
止めた側の面も同様である。
出来ればこうした面を隠すように、
何かしらの構造物をそれらしく配置する必要がある。
この作品の場合は建物の壁だが、
個人作品に応用するなら、街灯や信号機の支柱、高木などといったところか。

     ★ ★ ★ ★ ★

この葉っぱの編み込みの技法は、かなり応用の利く技術で、
面白い作例もいくつかある。が、今回は割愛する。
いずれどこかの機会でまとめたいと思う。

次回は、植栽BとCの作り方。

続く

註※ 写真は全て筆者による。


posted by KM at 08:00| Comment(0) | 作例研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。