2018年11月19日

レゴ世界遺産展探訪15−2

★ アジア編6−2 ★

前回の続き

〈画像@〉
201312161616a Sukothai, Wat Sorasan
(画像引用元=Wikimedia commonsより"Wat Sorasan")

ワット・ソラサックは、14世紀後半〜15世紀初頭に建立された仏塔である。
発見された1412年の碑文によると、インターソラサックという人物が、マハータンマラーチャー3世王子(後にスコタイ王朝第8代国王)により寄贈された土地に建てたとされる。最大の特徴は、塔の土台に24頭の象の彫刻が施されている点だ。タイにおいて象は神聖な動物である。一つに、ブッダの母・マーヤ夫人にブッダの誕生を預言したのが白い象であること、また一つに戦場では王の乗り物であり、先陣を切って突撃したことから、勇猛果敢の象徴ともされる。こうしたことから象は神聖なものとして崇められるようになった。象が彫られたのは、そうした信仰が背景にあると言われている。

ワット(タイ語で寺院)というからには、当然、本堂や礼拝堂など寺院を構成するいくつかの施設も出来たそうだが、そうしたものは現在残っていない。

     ★ ★ ★ ★ ★

よく出来た作品だ。
とにかく細かい。7割(もしくは8割)くらいは、プレートの積分で出来ている。
風化した煉瓦の雰囲気を出すべく、ダークタンを基調に、タン、茶、ダークブラウン、ダークオレンジなど、渋めの暖色を中心に、細かく色を変えながら積んでいる。

〈写真@〉
ワット・ソラサック8.jpg

〈「目で見て盗め」というのは指導が下手なことの言い訳。〉
などと声高に言う人間がいる。
これについては、半分は正しいが半分は間違っていると考える。
確かに、その場で俄に言葉で説明出来ないことでも少し調べたら上手く説明できるにもかかわらず、そういうことが面倒だからと端折り、「目で見て盗め」とお茶を濁す無精な輩のいることは事実である。しかし、他方、物事を突き詰め続けると、どうしても言葉で説明出来ない感覚的な技というべきものにぶつかるのも事実であり、これについては「目で見て盗め」としか言いようがない。所謂、〈センス〉の類いはそれである。

この作品については、ほぼ〈センス〉によるものだ。故に、ある部分では、
「上手くなりたければ目で観て感じろ。そして盗め」
としか私には言えない。

     ★ ★ ★ ★ ★

まずは、土台部分。

〈画像A〉
201312161618e Sukothai, Wat Sorasan
(画像引用元=Wikimedia commonsより"Wat Sorasan")

実物の土台は、およそ正四角錐台状に煉瓦で組まれている。
この作品も同様に、ジャンパープレートの積分で出来ているが、ただ積んだだけではない。
部分的に出っ張った部分を造り、風化して欠けた雰囲気を創り出している。

〈写真A〉
ワット・ソラサック7.jpg

おそらく、このはみ出し量がランダムな出っ張りの部分に使われているのは、1x2タイルプレートだろう。

このブログの熱心な読者に初心者はいないのではないかと思われる。おそらく、上の一文で作者が何をどうしたかも粗方察しが付いただろう。だが、念のため解説しておくことにする。

1x2タイルには、他のパーツにはない特性がある。
それは裏面に、パーツを固定するピンが入っていないことだ。
同じ1x2サイズのプレートパーツを並べてみた(写真B参照)。左から順に、1x2プレート、ジャンパープレート(旧タイプ)、ジャンパープレート(新タイプ)、タイルプレートで並んでいる。並び順は、その下の写真(C参照)も同じである。

〈写真B〉
パーツ・サンプル1.jpg

プレート、ジャンパープレート(旧タイプ)には真ん中にピンが付いている。ジャンパープレート(新タイプ)の場合は、長辺の両側に3つずつ爪が付いており、通常のブロックやプレートの固定が、パーツの両端の他、センターでの固定も可能なようになっている(旧タイプの場合、ポッチに穴のある物、例えば1x1ラウンドブロックなど、しか留められなかった)。その点、タイルにはこのピンや爪がついていない。これがのパーツ最大の特性である(補足:ちなみに、タイルプレートでも他の長さのもの(1x3や1x4など)にはピンがある。全くないのは、この1x2だけである)。

〈写真C〉
パーツ・サンプル2.jpg

それ故に、こんなことが出来る。

〈動画〉


上の動画でも判るように、パーツを1x2の範囲内なら好きなところで固定できるのだ。
故に、こんなことも出来る。下から順番に、少しずつ固定位置を変えながら8枚のタイルを並べてみた。裏返したものを見ると、パーツが少しずつ階段状にズレて留まっていることが判るだろう。

〈写真D〉
パーツ・サンプル5.jpg

この特性を応用して、風化した土台部分の細かな凹凸を再現している。

〈写真E〉
ワット・ソラサック6.jpg

     ★ ★ ★ ★ ★

次に装飾部分。
まずは、実物から。
リアルな象の彫刻が、レンガの壁を突き破るようにして半身で並ぶ。
鼻の下がり具合などをみると全部同じように見えるが、耳の形など少しずつ違うようだ。
滑らかながら硬さある象の皮膚の感触も見た目から伝わってくる。建立当時は、その丁寧な仕事がもっと際立っていたのだろうと思われる。
ところどころ象の牙が欠けているが、これは風化が原因だろう。

〈画像B〉
201312161614b Sukothai, Wat Sorasan
(画像引用元=Wikimedia commonsより"Wat Sorasan")

作品の方は、実物に比べると、象の体色が新灰で生々しい。
本来ならタン系統の色でまとめるべきところだろうが、しかし、パーツの構成を考えると十分に揃わなかった可能性が高い。タンは割と色々なパーツがリリースされているが、ダークタンのヴァリエーションは少ない。鼻の付け根のコネクト類について言えば、新灰しかない状態だ。この点について責めることは酷だろう。

〈写真F〉
ワット・ソラサック1.jpg

煉瓦が風化し、苔むし、荒れた装飾部分の天面をよく再現している。
この辺りのウェザリングの技術は、〈センス〉である。
ここから先は小手先の技術がどうのこうのではない。〈センス〉の世界だ。
もう一度、上から目線承知で言う。
「目で観て感じろ。そして盗め」

〈写真G〉
ワット・ソラサック2.jpg

釣鐘型の塔の部分を見る。
1x2x1 レンガ目地付ブロックや各種スロープなど、部分的に大きめのパーツを使っているが、大半はプレートの積分である。細かい凹凸、色調の変化などを細かく調子を変えながら積分している。単純に見えるが、とても〈センス〉の問われる部分である。想像するに気の遠くなる作業だ。しかし、こうしたウェザリングの感覚は身につくと強い。こうした遺跡や古典建築の再現は勿論、自然の崖や岩場の再現にも応用できる。

〈写真H〉
ワット・ソラサック9.jpg

〈写真I〉
ワット・ソラサック3.jpg

〈写真J〉
ワット・ソラサック4.jpg

〈写真K〉
ワット・ソラサック5.jpg

最後に塔の先端部分。
プレートの積分で円弧の長さを調整して作った高さ4ポッチの円筒を6段積んでいる。
最下段の一面の弦の長さは6ポッチ。それぞれ、5、4、3… と弦を1ポッチずつ短くすることで直径を小さくし、細長い円錐形を作り出している。

〈写真L〉
ワット・ソラサック10.jpg

     ★ ★ ★ ★ ★

最後に改めて、
このブログの開設の趣旨は、「どうすれば上手く作れるようになりますか?」という問いかけに、私なりに答えるべく始めたものである。
とはいえ、「『目で盗め』と言われても困ります」という人もいるだろうし、実際、そのつもりで写真を見てもピンと来ない人もいるだろう。ただ、判らないで諦めてはいけない。センスの類いは、一時で身につくものではない。見つつ作りつしているうちに、何が肝か追々明晰判明になってくるものだ。それが明日か十年後かは定かでないが、ともかく、こういう感覚的なものはそういうものである。辛抱強く頑張りましょう、上手くなりたければ!

註※
写真@〜L及び動画は筆者による。


posted by KM at 08:00| Comment(0) | 作例研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。