2018年04月20日

レゴ世界遺産展探訪7−2

★ 日本編 7−2 ★

前回の続き。西洋美術館本館、外壁について。

西洋美術館本館の壁は、玉石を混ぜたコンクリートパネルが用いられている。
当時、このパネルの製作を請け負った
株式会社ミナト建材(現、株式会社ヤマックス )によると、
正式には〈玉石打ち込み仕上げPC版〉と呼ばれるパネルらしい。
PCとは、プレキャストコンクリートの略で、予め工場で量産し、
現場ですぐに取り付けられるよう加工した鉄筋コンクリート部材のことである。

〈写真@〉
西洋美術館本館4.jpg

〈写真A〉
西洋美術館本館3.jpg

壁を拡大する(写真B参照)。
パネルには、ぎっしりと青石が敷き詰められている。
湿気を含むと色が変わる石だそうで、
天候により建物の見てくれの雰囲気が大きく変わるという。
パネルは、半ば煉瓦を積むように、互い違いに張られている。

〈写真B〉
西洋美術館本館5.jpg

     ★ ★ ★ ★ ★

では、これを作者はどのように再現したのだろうか?

〈写真C〉
西洋美術館2.jpg

壁面は、1x4と1x3の濃灰のタイルを用い再現している。
晴天時の本館の壁面はどちらかというと新灰に近い色合いだが、
床面とのコントラストを考えると濃灰でもいいだろう。
重厚感があって美しい。

〈写真D〉
西洋美術館3.jpg

雑な表現だが見た目は、濃灰のただの箱である。
しかし、作品を近くで見ると驚くなかれ、
壁面のパネルは実物同様、およそ半ポッチ程度ずらして、
互い違いに積み重ねられていることが判る。
さらに驚くべきは、建物のコーナーの処理の仕方。
ここも実物同様の見た目を保持するこだわりの作りで、しかもきちんと平仄が合っている。
素晴らしい仕事だ。

〈写真E〉
西洋美術館9.jpg

しかし、ここで疑問が湧く。
一体どうやって組んだのだろう?

     ★ ★ ★ ★ ★

単純に横組みしただけは、こんな仕上がりにはならない。
半ポッチ程度ずらして積むなんて、小手先の芸当ではない。
とりあえず判りそうなところから順に考えよう。
まず言えることは、
コーナーの処理に、以下のどちらかのパーツを使ったということ。

〈図@〉ブラケット1x4
ブラケット1x4.jpg

〈図A〉ブラケット2x4
ブラケット2x4.jpg

感触としては、おそらく後者だろう。
前者のパーツは広く流通している形ではあるが、この濃灰はレアパーツだ。
まず見たことがない。
ひとまず、後者であるとして話を進める。

2x4のブラケットに1x4のタイルを張り、縦に置いたものを真横から見ると、
丁度、写真と同じになる。
これで間違いないだろう。

ブラケット2x4縦置き.jpg

〈写真F〉
西洋美術館10.jpg

外壁パネルの列は、全部で4層。
下から3層は、1x4タイルとブラケットの組み合わせで出来ているが、
最上層だけは、1x3タイルとプレートの組み合わせで出来ている。
3幅のブラケットが流通していないため、そうなったのだろう。

〈写真G〉
西洋美術館11.jpg

しかし、そこから先が全く判らない。
会場での思考はそこで手詰まりとなった。
お家に帰って写真を見ながら、ゆっくりよく考えようという結論に至る。

     ★ ★ ★ ★ ★

これに関しては、制作過程を記録した作者公式のタイムラプス動画があり、
それを見れば解決する。そんなことは判っているが、それを見て納得するのも癪なので、
とりあえず自分の頭で考える。
事実、想像される範囲内で自分なりに答えを出してみて、作ることに一応成功した。
方法としてはかなりえげつないものになったが、それは次回に回すことにする。

次回に続く。

註※ 
写真@〜Gは筆者が撮影した。
また、図@、Aは、LDDを用い筆者が作図した。


posted by KM at 08:00| Comment(0) | 作例研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。