2016年09月09日

ハルツ狭軌鉄道編成(1-2)

前回の続き

コンテスト作品 036.JPG

〈ヴェルニゲローデの魔女祭〉で制作したこの機関車は、BR99 6001-4号機。
古くは"NWE Nr.21"と呼ばれたタンク式蒸気機関車である。

実物は、こちら。
640px-99-6001_Cayeux-c.jpg
(画像引用=NWE Nr.21に関するWikimedia

1939年、フリードリッヒ・クルップ社製造。
軸配置は1C1。
車両番号の"NWE"は、当時籍を置いていた鉄道会社"Nordhausen-Wernigeroder Eisenbahn-Gesellschaft(『ノルトハウゼン−ヴェルニゲローデ鉄道会社』)"の略で、
その21号機として任に当たっていた。
現在の車番は、第二次大戦後の1949年、
当時の東ドイツ国鉄(略称DR)により与えられたものである。

ナローの小型蒸気といっても、コンテストの規格内に収めるのはなかなか至難である。
Lゲージ規格である軌間6幅を4幅に変更、設定し、
車体を全長20ポッチ概ね6幅の範囲で無理矢理収めた。
当時3つの動輪にはすべて20歯ベベルギアが仕込んであり、
車体の真下、線路の間に水平に並べた12歯のベベルギアにより回転、
ロッドが動く仕組みになっていた。
しかし、そこまで凝った仕組みにしていたが、結局、落選。
ほどなく解体。
作動しているところを見た者は、クリブリのおねえちゃんだけである。

ところで、前年、2011年の5月、LEGO社が新たに Alian Conquestシリーズを展開し、
『エイリアンの母艦(品番7065)』をリリースした。
当時、これは画期的な商品で、他に見たことのない4幅の黒の曲線レールが一周分入っていた。
7065_alt1.jpg
(画像引用=Brickpedia英語版

これを入手した私は、そもそもコンテスト終了後、
4幅ゲージの作品を作るつもりでいた。
そのとき予定していた機関車が、これだった。

しかし、これも企画倒れに終わった。
4幅の直線レールが存在しないことが問題だったが、
既存のパーツを組み合わせて何とかなるだろうと考え、
事実、レールは自力で開発した。見た目も美しい(いずれ時機を見て公開予定)。
しかし、それだけで結構、費用が嵩むこと。その他、もろもろ面倒臭くなった故、開発を断念した。

その結果、今年に至るまで、車両はさらに休眠することになる。
続く。


posted by KM at 07:01| Comment(0) | 制作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。